本日は実務に関する話です。

こんにちは、茨城の元気な社労士です。


本日は実務に関する話です。


先週、労働基準監督署と年金事務所に行きました。


労働基準監督署は就業規則の定め方の確認です。詳細は書けませんが、イレギュラーな対応になる為、相談員の知恵を借りようと思った次第です。ただ、相談員の方も困った様子で本当に稀なケースの為、過去に同じような適用例が無く、困惑をしていました。


年金事務所は障害年金の手続きにおける保険料納付要件の確認と、概算年金額の確認で訪問しました。


どちらも懇切丁寧な対応をしていただき助かりました。懇切丁寧な対応に嬉しさを感じた半面、社労士に委託していない企業も通常の手続きに関しては社労士に頼らなくても困らないなと実感をした次第です。


+αの習得がこれからの社労士には必須でしょうか?



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。