果たして、結果や如何に。

こんにちは、茨城の元気な社労士です。


本日年金事務所にて障害年金の申請をしてきました。


障害認定日請求とそれがだめだった場合には事後重症での申請に移行する内容での申請にしました。


障害認定日時点の診断書内容と現時点の診断書内容が違いすぎた為にそうしました。


実際の依頼者の症状は今も障害認定日時点もほとんど変わりません。ただ障害認定日時点の主治医の先生とは会話がほとんどなかったとの話です。


診断書依頼時に一度お会いして、改めて当時の事をお話したいと思いましたが断られてしまい、文書で説明した資料を付けて診断書を依頼したしだいですが。


結果的に、障害認定日時点の診断書と病歴・就労状況等申立書の内容が食い違ってしまいました。もちろん食い違った理由も分かりやすく記載しています。


果たして、結果や如何に。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。