依頼者の思いが通りますように。

こんにちは、茨城の元気な社労士です。


本日は朝一番で年金事務所にて、障害年金の申請をしてきました。


「診断書」と「受信状況等証明書」をそれぞれもらいなおした案件で、住民票の発行日から1ヶ月が過ぎないようにどうしても今週中に申請を終了させたく、先週末に診断書の再発行を待たずに予約を入れたのですが、朝一番しか予約が取れませんでした。


絶対遅れないようにと朝7:20に出発し、8:10には年金事務所に到着出来ました。すると、既に入口には4人が列を作っていました。


申請は無事終了しましたが、結果は3~4か月後です。


これって、社労士試験の結果発表よりも長いです。期日もはっきりしていません。社労士試験に例えること自体が、不謹慎かもしれません。


私としてはほっと一息ですが、依頼者は社労士試験の結果発表よりも長い期間、待ち続けるということになるわけです。試験と違い、自己採点もできません。


人工透析を開始した、糖尿病の事後重症の申請です。申請が通ることを心より願っております。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。